銀座カラーで脱毛を行う際、脱毛前後にしてはいけない注意点を紹介します。

基本的に、銀座カラーでは飲酒時や日焼け後の脱毛はNGとしていますが、これはなぜ駄目なのでしょうか。

そのため今回、この説明をします。

脱毛前後の飲酒はNG

これは、銀座カラーで脱毛コースの契約をする際に必ず説明があります。

最近では脱毛も、気軽に行けるようになっていますが、エステに通うような感覚で脱毛を行うと痛い目に合います。

その中でも飲酒は、最も気をつけたいことのひとつです。

基本的に、飲酒を行うと血行が良くなります。

血行が良くなることは人体に於いてとても良いことで重要なことなのですが、脱毛を行う際はこれが仇となります。

この理由として、脱毛箇所がかゆみや赤みといった肌トラブルが起き易くなるので、これにより掻き毟りが考えられるためです。

またお酒に酔った状態で脱毛を行うと、気分が悪くなる可能性があります。

殆どの場合、脱毛は個室で行うことが多いですので、お酒臭い状態での施術は、マナー的もNGです。

そのため、施術前に飲酒の予定があるのであれば、飲酒を断るか、脱毛日程を変更する処理をしたほうが良いです。

脱毛前後の日焼けはNG

脱毛をする際に、日焼けした肌はNGとなります。

日焼けした肌は、肌が過敏となっていますので、脱毛による光脱毛を当てると、かゆみなどが発症し肌トラブルとなる可能性があります。

また脱毛後においても、肌がとても乾燥しやすい常態となります。

日焼けのよる乾燥と合わせて、肌をいじめる結果となりますので、こちらも肌トラブルの原因となります。

脱毛前に日焼け止めクリームは塗らないこと

こちらについても、銀座カラーで脱毛コースの契約をする際に必ず説明があることです。

まず、施術前に日焼けクリームなどの塗布は実施してはいけません。

この理由ですが、脱毛施術の前準備として、御自分で脱毛をするという決まりがあります。

そのため、脱毛後に日焼けクリームを塗ってしまうと、毛穴を埋めてしまう可能性があるからです。

もしも日焼け止めクリームを塗ってしまった場合は、正直にスタッフさんに申告をしたほうが良いです。

また日焼け止めクリームの中にはSPFが低いものもあり、毛穴を埋めにくくするものもあります。

なので、当日、どのようなものを塗布したのかを、現物を持っていくのも有効手段です。

飲酒や日焼け後に行う脱毛は、肌トラブルのほかにも、脱毛効果が落ちるといった理由があります。

そのため、脱毛前後の注意点として必ずと言って良い程、お店側から指導があるのです。

言われたことをきちんと守り、御自分の肌をベストな状態に持っていくことも重要なことです。